ふるさと納税とは

ふるさと納税 仕組み

ふるさと納税を簡単に説明すると

「実質2000円の負担で、日本各地から豪華返礼品を取り寄せられる制度」

と言えます。
似たようなフレーズを今年は何度かテレビでも聞くことがありました。

「実質」というところがポイントで、実際には日本全国の地方自治体に寄付をすることで寄付した分が所得税や住民税から控除される仕組みです。

「納税」という言葉が使われていますが、実際には寄付による税金の控除です。
「ふるさと」と付いていますが、住んだことのない自治体にも寄付できます。

毎年、寄付した内の2000円分は控除されず自己負担となります。
またその年の所得や家族構成で控除の上限枠があるため、無制限というわけでもありません。

返礼品が貰えることで話題のふるさと納税ですが、どのみち税金として収めるお金の一部を、納税者として「どこの自治体にどのように使ってもらうか」を選べる権利でもあるのです。

 

ふるさと納税 メリット デメリット

ふるさと納税という言葉は知っているけれど、どのように行うかわからない、
手続きが面倒くさそうというイメージを持たれる方は多いようです。

実際、寄付控除を受けるためには確定申告またはワンストップ特例申請を期日までに行う必要があります。

この手続がふるさと納税の唯一のデメリットと呼べそうです。

ただし覚えることは少なく、手順はインターネット上で数多く紹介されていますので、期日までに提出することを心がければ2年目以降はスムーズに済ませられると思います。

 

一方のメリットと言えば、普通に納税してしまえば何も残らないところ、ふるさと納税を行えばお礼の品が手元に残ることです。

例えば、年収450万円で高校生の子ども1人がいる家庭で約4万円の控除枠があります。
返礼品の還元率は3割程度と考えられるので約1万3千円分の返礼品を受け取れるのです。

具体的に返礼品を見てみましょう。
1万円の寄付で以下のような返礼品が貰えます。
※返礼品の画像はさとふる(https://www.satofull.jp/)より

佐賀県唐津市 佐賀牛A5~A4特選切落とし1.1kg
佐賀県唐津市 佐賀牛A5~A4特選切落とし1.1kg


福井県小浜市 平成29年産新米 若狭米こしひかり15kg (1日50個限定)


北海道八雲町 厳選三特品 北海道近海産毛ガニ(450g前後×2匹)

肉・米・魚介類は特に人気の高い返礼品のジャンルです。

この他、旬の果物や野菜を始めとした食品や、工芸品や雑貨、旅行チケットなど返礼品の種類は多岐にわたります。

所得が多くなれば、もちろん控除枠も大きくなります。
ふるさと納税は節税や家計の節約目的にも非常に有効な制度と言えます。

もちろん、寄付先の地域の名産品を貰えば返礼品を作った人たちにもお金が回りますので、望む形で自治体や産業を応援できる点もふるさと納税のメリットです。

 

次ページからは、具体的なふるさと納税を行う手順を説明します。

ふるさと納税 方法
ふるさと納税の手続きを行い、控除を確認するまでの手順を4段階に分けて解説します。 手順が多いと煩わしく感じますが、「ふるさと納税ポータルサイト」の登場により、ふるさと納税はよりインターネット通販に近い感覚で行えるようになりまし...

 

タイトルとURLをコピーしました